一部上場企業を捨てたバックパッカー

世の中の常識から外れて自由になるブログ

【bms】人生を変えていける人の思考回路

どうも、フリーランスしんのすけです。

 

 

「努力は報われる」という人と

「努力しても意味がない」という人に分かれますよね。

 

 

僕は経済的に自立して、

この言葉の意味が少しずつ分かってきました。

 

 

結論から言うと

努力するか、しないかは関係ない。ってことです。

 

 

これを聞くといい様に捉えてしまうと思うので、

もうちょっと読んで頂ければと思います。

 

 

 

まず

自分が行動しなければ人生は変わらない。

という前提を持って聞いてください。

 

 

もうこれは大前提です。

 

 

その上で、行動していくうちに

人はタイプが分かれていきます。

 

 

①「できない」で終わる人。

②「できない」→「何でだろう」→「どうすれば上達する?」と考える人。

 

 

①は、いわゆる「思考停止」です。

 

 

サラリーマン時代、僕は①でした。

「こんなのできないよ!」

「理不尽だ!ばかだ!」

「不可能だ!」

 

 

自分で考えることを放棄して、

人のせい、周りのせいにしてたんですね。

 

 

これは年齢、性別、地位、関係なく誰でもありえることです。

 

 

企業の社長さんでも、

会社が発展しないのを社員のせいにしている人もいます。

 

 

まず、その社員を採用したのは自己責任ですからね、経営者であれば^^;

 

 

 

大切にして欲しいのは②です。

 

 

「どうすれば上達できるのか?」

「どうすれば改善できるのか?」

これを考え、実行していく。

 

 

 

例えば、

「英語を喋れるようになりたい」

と思ったら、最初は誰でもできません。

 

 

喋れるようになるのは②の人ですよね。

 

 

①に人は「私は英語が苦手だから…」と言います。

それって、苦手なのでなくて、

元々必要(やりたい)と思っていないか、

本気でやっていないかのどちらかです。

 

 

例えば、

僕もそうでしたが、誰しもが最初はパソコンのキーボードで文字を打つのが苦手だったと思います。

 

赤ちゃんの時は喋られなかったと思います。

歩けなかったと思います。

 

会社やバイトに受かって働き始めても、

最初は仕事が難しかったと思います。

 

 

でも、いつか出来る様になりますよな?

 

 

 

その努力の方向性を

自分の理想や好きなことに向けたら、

もっとスピードが上がるとおもいませんか?

 

 

 

 

つまり、まとめると

・人生を変えるのは自分次第

・「できない」という思考は自分の可能性を自ら閉じてしまう。

・今できないことでも、努力すればいつか出来るようになる

・努力の方向性を間違えない

 

 

 

では今日はこれで。

 

===================

追伸:

僕が経済的に自立した具体的な方法は

メルマガ内(購読無料)で配信してます。

 

26歳の全てが"ゼロ"の僕が182日間で経済的自立を手に入れた方法をシェアしてます。

しんのすけの新時代を旅する生き方(購読無料)

(※不要であれば2秒で解除できます。)

 

【bms】会社は辞めてもいい。でも後悔しない辞め方がある。

 

どうも、フリーランスしんのすけです。

 

「会社辞めたい。。。」

今の時代そう思う人は多いと思います。

 

でも、

「会社を辞めるって逃げるようでなんか情けない…」

「辞めて何するかなんて分からなくて不安」

「でも今の仕事を一生続けてるかといわれたら…」

 

と色々深く考えてしまうことがあると思います。

 

 

結論から言うと

辞めたければ辞めればいいし

続けるなら続ければいい。です。

 

 

いくら悩もうと、答えはシンプルです。

 

 

「続ける」or「辞める」

 

 

続けるを選べば今の日常が続き

辞めるを選べば日常が変わります。

 

 

難しくしてるのは自分自身です。

答えは常にシンプルです。

 

 

 

僕は会社を辞めて2年半になりましたが、

僕が後悔しなかった方法をお伝えします。

 

 

 

それは…

 

 

 

『今やってる仕事に本気で取り組む』です。

 

 

「は?嫌いだから辞めたいのに!!」

と思っている人もいると思います。

 

 

ですがもう少し聞いてください。

 

 

これは元ライブドア社長のホリエモンさんの受け売りなのですが、

ホリエモンさんって「結婚するのはリスク」といっているくらい

仕事が好きなんですね。

 

f:id:mansellpos:20170515233413j:plain

 

で、ホリエモンさんは一度捕まり、刑務所に入った経験があります。

 

 

その刑務所でやっていたのは、

「お土産屋で使う袋を折り畳む作業」

だったそうです。

 

 

でも、ホリエモンさんはそれでさえ夢中になって、

刑務所内でその能力を認められ、優遇されたそうです。

 

 

そのホリエモンさんの言葉はこうです。

 

 

 

「本気でやってみないと面白いか面白くないか分かんないじゃん。」

 

 

 

これ、ある種の真理だと思います。

 

 

 

「仕事が楽しくない」のではなく

「自分が仕事を楽しめてない」のです。

 

 

 

「仕事」=「つまらない」という固定観念のせいで、

「元々つまらないものだろう」と思っているから

つまらなくなってしまうってことですね。

 

 

僕は辞める決断をする一ヶ月前に

仕事に対して本気で取り組みました。

 

 

 

・頼まれたことに対しては120%の力でこなす。

・言われてないことまで先回りしてやる。

・自ら調べて上司に提案する。

 

 

ということをやりました。

 

 

その結果、分かったことは

「やっぱりこの仕事を一生続ける自信はない」

ということです。

 

 

 

本気で取り組んだからこそ、

それがハッキリわかったんですね。

 

 

 

で、そこにはとんでもない恩恵がありました。

 

 

 

自分の好きなことがわかったんです。

 

 

 

それは…

 

 

 

「細々した調べ物をするのが好き」です。

 

 

 

本気で取り組んだ結果、

・好きなこと

・嫌いなこと

がハッキリと分かったんです。

 

 

 

僕は人に無理矢理何かをやらせるようなことが、

つまり、「指示を出す」のが苦手でした。

 

 

 

でも「調べ物をする」は好きでした。

 

 

 

そして今現在は「知識」を武器にして経済的に自立しています。

 

 

 

まとめると

・「つまらない」と思っていれば全てのことはつまらない

・一度本気になって取り組む

・自分の「好き」と「嫌い」をハッキリさせる

・辞めるか続けるかの決断をする

 

 

では今日はこれで。

 

 

しんのすけ

 

 

===================

追伸:

僕が経済的に自立した具体的な方法は

メルマガ内(購読無料)で配信してます。

 

26歳の全てが"ゼロ"の僕が182日間で経済的自立を手に入れた方法をシェアしてます。

しんのすけの新時代を旅する生き方(購読無料)

(※不要であれば2秒で解除できます。)

 

【国内旅行】噴火する前に一度は行ってみたい山『富士山』登山

f:id:mansellpos:20170513180032j:plain

どうも、フリーランスしんのすけです。

 

やってみたいことがある

 

でも

 

やってない。

 

 

こういうことって多いですよね。

 

 

例えば僕は会社員時代に「世界一周がしたい」

誰もが一度は思うことを思っていました。

 

 

でも、「〜したい」って自分が行動しない限り、

一生できないんですよね^^;

 

 

裏を返せば、

やりたいことは自分が行動すればほとんどできる。

 

 

例えば世界一周旅行なんて、

学生でもやっている人は多いです。

 

 

世界一周にかかる費用は安く抑えれば僅か100万円くらいで行けます。

 

 

「100万円!?僅かじゃないよ!」と思われる人もいると思いますが、

海外旅行に行くと、世界一周をしている人のほとんどは

 

 

「半年間ほぼ休み無しでバイトに入って稼ぎました」

「会社員時代に使う暇がなかったので貯まりました」

「ネットで毎月5万円程度稼いで東南アジアで暮らして、

 貯まったら違う国に行ってます」

「現地の日本人ゲストハウスでお手伝いしながら、節約して世界を回ってます」

「リモートワークで仕事してます」

「所持金0円でスタートしたけど、路上パフォーマンスで何とかなってます」

 

 

という風に色々やり方があります。

 

 

方法は色々あるんですよね。

 

 

 

話が逸れましたが、

僕の「死ぬまでに一度はやってみたいことリスト」

のNo4「富士山でご来光を見る」の体験をシェアします!

(白く消してるのは個人名が入っているためです。)

f:id:mansellpos:20170513175859j:plain

 

ノートに書き出すと、

如何に自分が行動すればすぐ叶うかが分かりますね。笑

 

 

例えば「No12.オーロラを見に行く!」

 

 

→行けば?

 

 

って感じですよね。笑

 

 

さて、富士山登山ですが、

登山前にするべきことは以下の通りです。

①道具を揃える

②山小屋を予約する

③5合目までのバスを予約する

これだけです。

 

 

順に説明していきますね。

 

 

①道具を揃える

素人が富士山を登れる時期は限られています。

たしか6月〜8月の間がベストシーズンで、

それ以外の時期は雪が積っていて死亡リスクが高まるのでやめた方がいいです。

 

 

とは言っても、僕が登った7月中旬でも

7合目では手が凍えるくらい寒かったです。

 

 

ご来光を見る場合、夜中の2時に山小屋を出発するので、

寒さ対策はマストでするべきです。

 

 

僕が持っていった装備と

持っていけば良かったと思う装備は以下の通りです。

 

『持っていったもの』

食料、備品

・水1L+500mlの水

・芯抜きのトイレットペーパー

・ウェットティッシュ

・タオル2枚

・絆創膏

・おにぎり4個

・ビール

・あめ玉

カロリーメイト

・菓子パン

・カッパ(100円)

 

服装

・レギンス

ヒートテック2枚

・厚手の靴下

・スキー用のグローブ

・パンツ2枚

・帽子

シェルパーカー

・マウンテンパーカー

・ウルトラライトダウンジャケット

・軍手

 

『持っていけば良かったもの』

・ストック

・レッグカバー

・マスク、ネックウォーマー

 

 

まずウルトラライトダウンはかなり重宝します。

海外旅行にも汎用性が効きますし、折り畳めてしかも軽い、最強ですね。

f:id:mansellpos:20170513181906j:plain

 

トイレットペーパーですが、トイレは基本的に有料(一回200円)で、

ゲートが付いていて、場所によっては係りの人がいるので、

紙が欲しくなった時に重宝します。

 

 

ウェットティッシュも

登山中は砂埃が舞うので必須です。

 

 

ちなみに登山中雨が降ってきたのですが、

僕が登っていたときは強風で

100円のカッパは使い物になりませんでした。笑

 

 

持っていけば良かったものは

・ストック

登山用の杖ですね。

下りの時に必要です。

 

これがなかったので、下る時につま先に負担がかかり、かなりキツかったです。

 

・レッグカバー

これも下りの時に重宝します。

土が靴に入り込んで来るので、

持ってなかった僕の靴の中は砂だらけでした。

f:id:mansellpos:20170513182524j:plain

 

・マスク、ネックウォーマー

風が強いと砂埃が舞っているので、

あった方が便利です。

 

 

 

 

色んなサイトで調べつつ揃えていってください。

 

 

②山小屋の予約

f:id:mansellpos:20170513182848j:plain

 

山小屋の予約は1、2ヶ月くらい前に行ないましょう。

繁忙期にはすぐに埋まってしまいます。

 

 

1泊7000円〜くらで、素泊まりです。

+で支払えば食事も付けることができます。

 

といっても、富士山へ食料を運ぶ手間もあり、

食べられるものはカレーなど簡単なものです。

 

 

山小屋ではカップラーメンなどが売っていますが、

巷よりはかなり高いです。

 

f:id:mansellpos:20170513183410j:plain

f:id:mansellpos:20170513183419j:plain

f:id:mansellpos:20170513183410j:plain

f:id:mansellpos:20170513183410j:plain

f:id:mansellpos:20170513183441j:plain

 

立地と人件費を含めると妥当ですね。

 

 

僕はたまらずカップラーメンを食べましたが、

絶景を見ながら極寒の中で食べるカップラーメンは別格でした^^

 

泊まった宿の目の前の景色です↓

f:id:mansellpos:20170513183602j:plain

山小屋での宿泊↓

フレンドリーなご老人や外国人が多かったです。^^

f:id:mansellpos:20170513183940j:plain

 

③5合目までのバスの予約

5合目まではバスで上ることができます。

そこで食料などを調達できますが、ほとんど観光客向けの値段設定なので、事前に用意しておきましょう。

f:id:mansellpos:20170513183929j:plain

 

 

僕は東京の新宿からバスで行きましたが、

往復で確か4000円でした。

 

 

 

帰りに温泉によってご飯も食べたので込み込みで2万円くらいですかね。

 

 

 

死ぬまでにやりたかっとことはたった2万円でできました^^笑

 

 

 

 

 

 僕らが登ったときは、丁度台風が去った直後で、快晴でした。

 

1日目:8時バスに搭乗▶︎12時登山開始▶︎16時7合目の山小屋に到着▶︎17時就寝

2日目:2時起床▶︎頂上で4時ご来光▶︎7時下山開始▶︎12時、5合目到着▶︎13時帰りのバス

f:id:mansellpos:20170513184418j:plain

f:id:mansellpos:20170513184528j:plain

f:id:mansellpos:20170513184549j:plain

f:id:mansellpos:20170513184610j:plain

f:id:mansellpos:20170513184627j:plain

f:id:mansellpos:20170513184643j:plain

f:id:mansellpos:20170513184713j:plain

f:id:mansellpos:20170513184724j:plain

 

 

是非一度チャレンジしてみてください^^

 

 

 

 

では今日はこれで。

 

 

===================

追伸:

僕が経済的に自立した具体的な方法は

メルマガ内(購読無料)で配信してます。

 

26歳の全てが"ゼロ"の僕が182日間で経済的自立を手に入れた方法をシェアしてます。

しんのすけの新時代を旅する生き方(購読無料)

(※不要であれば2秒で解除できます。)

 

【bms】不況というテレビの嘘、今は自由に生活できる最大のチャンスの時代

どうも、しんのすけです。

 

「自由な生活がしたい!」

 

僕がそう思った理由はいくつもあるんですが、

こんなこと誰でもそうですよね。

 

だれでも自由になりたいと思っていると思います。

なのでこの記事では自由になるヒントとなる話をしたいと思います。

 

かなり当たり前のことですが、

あまり知られていないことなので、

興味がある人だけ読んでもらえればと思います。

 

 

 

 

極論を言うと、、、

今の時代は自由になる最大のチャンスです。

 

 

 

 

というのも、この記事はさっきスタバで作業していた時に思ったことです。

 

 

休憩しようと思って一旦パソコンを閉じたんですが、

この小さな機械一台で、世界中の情報、人、サービスにアクセスできる時代なんだなあ。としみじみ思っていたんですが、

 

 

それって、当たり前の様に思っていますが、異常にスゴいことですよね^^;

f:id:mansellpos:20170512210731j:plain

 

この機械一台で世界と繋がれるんですよ?

 

 

今このブログも同じパソコンで書いてます。

 

 

これって数年前には有り得なかったことですよね?

 

 

・出会いが無い

・チャンスが無い

・お金が無い

 

 

僕が会社員時代に言っていたことです。

 

 

これってもう今の時代だと通用しないですよね。

 

 

 

それ、

出会いが無いんじゃなくて、

自分が出会おうとしてない。

 

 

チャンスがないんじゃなくて、

自分がチャンスと思えてない。

 

 

お金が無いんじゃなくて、

行動する勇気がない。

 

 

過去の自分を振り返ってみてもハッキリそう思います。

 

 

 

僕が自由になったのも、

実はTwitterを使って、ノマドの人にDMを送ったからなんですね。

(今では怪しい人もいるので、人を見る目が必要ですが)

 

 

全てはあそこから始まりました。

 

 

そして海外旅行にいくようになって、

その考えは確信に変わりました。

 

日本は

・食べることに困らなくて

・最先端の技術があって

職業選択の自由もあって

・男女差別もなくて

・思想の自由があって

etc…

 

 

例えばカンボジアでは

・水も電気も通っていない地域もある

・政府、警察に賄賂を渡さないと就けない仕事がある

(インフラ関係、建築関係など)

・宗教によって女性の役割や男性の役割が決められている

・珍しい思想を持っていると変人扱いされ、のけ者にされる

etc…

f:id:mansellpos:20170512213425j:plain

(これは不幸というワケではありません)

 

 

つまり、何が言いたいかというと

今の日本で「自分の夢が目指せない」のであればたぶんどの国に行っても目指せないと思います。

 

 

というのも、

日本はあらゆるものが揃っていて、

いつでも手に入る。

 

パソコンも買おうと思えばネットで中古で5万円以下で買える。

5万円貯金しようと思ったら、バイトやネットで1ヶ月で稼げる。

 

 

そういう恵まれた国です。

 

 

 

途上国だと、生活費を稼ぐために国外に出稼ぎに行く国もありますからね。^^;

 

 

 

つまり、何かを叶える道具は

既に揃っているということです。

 

 

あとは自分が行動するか、しないかだけです。

 

 

 

これは発展途上国や貧民国に行ったことのある人であれば

共感してくれるはずです。

 

 

 

できない理由を見つけようと思えばいくつでも見つけられるので、

できる理由を是非見つけてください。

 

 

 

では今日はこれで。

 

===================

追伸:

僕が経済的に自立した具体的な方法は

メルマガ内(購読無料)で配信してます。

 

26歳の全てが"ゼロ"の僕が182日間で経済的自立を手に入れた方法をシェアしてます。

しんのすけの新時代を旅する生き方(購読無料)

(※不要であれば2秒で解除できます。)

 

 

 

【bms】20〜30代のうちに知っておきたい15のこと

どうも、フリーランスしんのすけです。

 

 

今回は

「20〜30代の内に知っておきたい15のこと」

というテーマでお伝えします。

 

 

僕は26歳の時に運良く、精神的に病みました。

 

 

これ、本当に良かったなと思っています。

病んだことで、色々なことに気づけて、

人生が劇的に変化したからです。

 

 

僕がノマドになってから感じた

20代、せめて30代までに気付いておいた方が良いとこに付いて

お伝えします。

 

 

 

 

①自分の人生は自分が決めている。

人生は思い通りには行きませんが、

思い通りにしようとすることはできます。

 

今どんな状況だろうと、そこはあなたが選んだ環境です。

 

 

②過去も未来も「今ここ」にある

「あの時は〜だったなあ」

「あの出来事は〜だった」

など、過去の出来事に対して『どう思っているのか?』は

『今』の解釈ですよね?

 

そして、明日も1年後も10年後も

『今』の1秒の積み重ねでしかありません。

 

つまり、全ては「今ここ」にしかありません。

 

 

③他人への批判は自分に返ってくる

他人の失敗や努力を笑う人は、

「自分は完璧だ」という自己暗示を自分にかけています。

 

その結果、自分が行動しようと思うと、

「馬鹿にされるんじゃないか…」という恐怖で動けなくなります。

 

 

 

④失敗を恐れることが一番の失敗

今のまま行けば10年後どうなっているか?

そして10年経った自分は、今の自分に何を言っているか?

 

 

⑤心を熱くするような目標を持つ

月並みな言葉ですが、

人はいつか死にます。

 

冷めたように生きるのか、

何かに熱中しながら生きるのか、

どっちが良いですか?

 

 

⑥身を置く環境が自分を作る

自分の身を置く環境が

あなたにとっての「当たり前」になります。

 

 

⑦チャンスに気づける心を持つ

チャンスは降ってくるものじゃなく、

自分から作ったり、掴んだりするものです。

 

宝くじが当たる可能性よりも、

自分で行動することの方が何万倍も幸運を掴める可能性が上がります。

 

 

⑧親との関係を良くする

親に認められたい

親を見返したい

親の様にはなりたくない

 

そういう動機で動いていると辛くなります。

 

親と意見が合わない事があると思いますが、

それはあなたが幸せになって欲しいという思いの裏返しです。

 

距離が近くなればなるほど、人の関係は複雑になってしまいます。

 

親と和解して適切な心理的距離を保ちましょう。

 

 

⑨お金と時間の『奴隷』ではなく『主人』になる

誘惑につられてお金や時間を無駄にしてないか?

お金や時間を理由に自分の夢を諦めていないか?

お金や時間を理由にやりたくないことをやっていないか?

 

⑩自己投資意識を持つ

「損したくない」と言う考えで損した経験がないか振り返ってみましょう。

 

 

 

⑪旅に出る

本当の貧困とは何か?常識とは何か?人生とは何か?

自分がどれだけ狭い世界しか知らないかを実感できます。

 

 

⑫自分自身を受け入れる

あなたが一生付き合う唯一の人物は「あなた自身」です。

どんなに嫌ったって付いてきます。

好きになって一生を過ごすか、嫌ってケンカしながら一生を過ごすか。

 

 

⑬変えられるモノと変えられないモノを受け入れる強さを持つ

変えられないものを受け入れましょう。

文句を言っていても何も始まらないことにいつ気付くかで、人生の質は全く変わります。

 

 

⑭周りを観察し、自分の生きる道を決める

テクノロジーが進歩しても、人の本質は全く変わりません。

どんな人がどんな人生を歩くのかは周りの人を見れば大体わかります。

自分の理想の人生を歩いている人を見つけて真似しましょう。

 

 

 

⑮嫌いな仕事にしがみつかない

正社員は立派だという思い込みは捨てよう。

あなたの人生の目的は「正社員になること」ではないはずです。

 

 

 

 

では今日はこれで。

 

 

たまにはこう言うのも良いですね。^^

 

===================

追伸:

僕が経済的に自立した具体的な方法は

メルマガ内(購読無料)で配信してます。

 

26歳の全てが"ゼロ"の僕が182日間で経済的自立を手に入れた方法をシェアしてます。

しんのすけの新時代を旅する生き方(購読無料)

(※不要であれば2秒で解除できます。)

 

【bms】あなたの人生経験は○○すれば月収○○万円のお金に変わる。

どうも、フリーランスしんのすけです。

 

 

今回の記事では

「どうやってお金を生み出すのか?」

についてお伝えしていこうと思います。

 

 

 

お金=幸せ

ではありませんが、

日本人は「お金は汚いものだ」と思う癖があります。

 

 

お金は資本主義の社会に住んでいる限り、ルールです。

野球の試合で「野球のボールを使いなさい」と同じレベルで

資本主義社会では「お金を介在させなさい」というルールがあります。

 

 

つまり、「お金は汚い」と思っていることは

「ルールを守ることは汚い」と言っている様なものです。

 

 

テレビではお金の汚い部分

・賄賂

献金

・脱税

などが頻繁に見せられるため、

お金=汚いという印象ができてしまいます。

 

 

 

例えば

Facebookを見ていると、自分だけ苦労しているように思いませんか?

 

それはFacebookは楽しいことしかアップされないので、

自分だけが人生を楽しんでいない様な錯覚に陥るのです。

 

 

 

「お金は汚い!」も同じです。

汚い面ばかりにフォーカスしていると、

お金の汚い面しか見えなくなります。

 

 

でも、

・毎日ご飯が食べられる

・服を着ることができる

・家で安心して眠ることができる

・歩くと数時間かかる場所に電車で行ける

など、お金は人生をサポートしてくれる

スゴく大切な「友達」のような感じです。

 

 

もし、それでも納得できない方は

それで良いと思いますが、

少しでもお金に興味がある方、

自分で経済的に自立したいと思っている方は

何かの参考になると思うので、是非聞いて頂ければと思います。

 

 

 

 

 

まず、「お金」とは何なのか?

ですが「お金」は「価値との交換券」です。

 

 

 

例えば何かを買う時(消費者)のサイクルは以下の通りです。

 

自分がお金を出す▶︎お金が価値に変わる▶︎自分が価値を受けとる

f:id:mansellpos:20170508125852p:plain

 

 

お金が強烈な力を持っているように錯覚してしまいますが、

実は大事なのは「価値」の方です。

 

 

 

ではお金を稼ぐ人、

「提供者」のサイクルです。

 

自分が価値を提供する▶︎価値がお金に換わる▶︎自分がお金を得る

f:id:mansellpos:20170508130138p:plain

 

「消費者」とは真逆のサイクルですよね。

 

 

 

でも、お金のルールを教えてくれない日本では、

お金が欲しいと思ったら以下の様な思考回路になる人が99%です。

 

 

実際僕もそうでしたし、企業の社長さんでもこういうマインドセットの人はいます。

f:id:mansellpos:20170508130445p:plain

 

でも、これではただの「金の亡者」ですよね。

もちろん入り口は「お金が欲しい」でも構わないと思っています。

 

 

インターネットで起業するほとんどの人は

「お小遣い程度が欲しいな」と思っていて、

自分でもお金を稼げることを知り、

成長した結果、自分で起業している人がほとんどです。

 

 

僕も最初はそうでしたし、

ビジネスの知識を何も知らなかったので、

「お金欲しい!でも何すれば良いの?」って

そうなるのは必然的だと思っています。

 

 

 

 

次にお金を得続ける人のマインドセットです。

f:id:mansellpos:20170508131800p:plain

 

 

最終的に目指すべきはココです。

経済的自立、自由な生活を手に入れるのであれば

多少時間がかかっても、是非目指してください。

 

 

 

こうなればお金のサイクルは回転し続けます。

 

人に価値を提供する▶︎お金を頂く▶︎お金を知識経験に投資する

▶︎人にさらなる価値を提供する▶︎さらにお金を頂く▶︎さらにお金を知識経験に投資する

 

このサイクルが回転し始めると、

お金の不安は段々となくなり始めます。

 

 

 

でも、難しいことは「価値を生み出す」ってことですよね。

 

 

「価値を生み出す」これは簡単なようで難しく、難しいようで簡単です。

 

 

 

例えばYouTuberでは

・おもちゃを紹介するだけ

・メイクをするだけ

・ご飯を食べるだけ

・ゲームをするだけ

これでも「価値」が生み出されています。

 

 

つまり、「価値」とは実は何でもいいんですよね。

 

 

 

でも、現実的に、

いきなりYouTuberになるのは抵抗があると思います。

 

 

 

なので、普通にできる「価値」を生み出す行為は

「自分の経験をシェアすること」です。

 

コチラの記事でも紹介した通り、

人はパソコンと違い「知識」や「経験」を相手の頭に完全にコピーすることはできません。

sinnosuke-tabi2.hatenablog.com

 

 

 

なので、あなたが

「できて当たり前」のことは

他人にとって「当たり前」ではないんですね。

 

 

 

 

例えば「Excel使えます」。

 

 

 

普通に考えれば全然普通ですよね。

 

 

 

でも、「ご老人の方対象にExcel講座を開催します!」

Excelを使えない人を対象にすれば、それでお金は頂けます。

 

 

 

僕の知り合いは

「お孫さんやお子さんとパソコンで通話できるようになります!」

という触込みでSkypeやLINE通話の講座を開いている人もいます。

 

 

つまり、

『知らない人に知っていることを教える』

価値はこうやって生まれます。

 

 

 

世の中で売られている書籍も同じです。

 

 

 

例えば、僕は脳科学者の方の本をよく読みますが、

有名な「茂木健一郎」さん。

 

 

茂木さんが書いた本は

茂木さんが発見したことではなく、

茂木さんが呼んだ論文などをそのまま自分の言葉で伝えているだけなんですね。

 

もちろん茂木さん自身の実体験も交えて。

 

 

『知らない人に知っていることを教える』

それがあなたにお金を連れてきます。

 

 

 

何かの参考になればと思います。

 

 

 

では今日はこれで。

 

 

===================

追伸:

僕が経済的に自立した具体的な方法は

メルマガ内(購読無料)で配信してます。

 

26歳の全てが"ゼロ"の僕が182日間で経済的自立を手に入れた方法をシェアしてます。

しんのすけの新時代を旅する生き方(購読無料)

(※不要であれば2秒で解除できます。)

【bms】人生は何とかなる、そして何とかする、という法則

どうも、しんのすけです。

 

 

今回の記事では

「人生何とかなる」そして「何とかする」

というテーマで書いていきます。

f:id:mansellpos:20170507123332j:plain

 

「何とかなる」と「何とかする」の違いは何だと思いますか?

 

 

 

「何とかしよう」と思ったら上手くいかず、

「もういいや!」って手放すと

何とかなったり。

 

 

 

個人的には

人生は「何とかなる」と思っています。

 

 

 

でも、目標や夢は

「何とかする」というのが相応しいと思ってるんです。

 

 

 

 

というのも、「人生が何とかなる」っていう理由は、

人が抱えている問題のほとんどは『思い込み』だからです。

 

 

 

・会社からリストラされた

・体重が減らない

・恋人にふられた

・就活に失敗した

・受験に失敗した

・借金がある

・会社が潰れた

・株で失敗した

鬱病になった

・離婚した

 

これを一発で解決できる言葉があります。

 

 

 

「So What!?(それがどうした!?)」

 

 

だからなんだっていうの?

それがどうしたの?

 

 

ってことです。

 

 

 

人は何を恐れているのか?って

 

 

それはほぼ100%、

人の目でしょう。

 

 

 

悔しい、嬉しい、悲しい、楽しい、

こういう感情は全て、何かとの「比較」でしかありません。

 

 

 

 

クリスマスで1人でいることが悲しいんではなく、

クリスマスは誰かと遊ぶのが普通だと思っていたり、

クリスマスで1人でいることは悲しいと「思い込まされてる」ってことです。

テレビや周りの人によって。

 

 

Facebookで友達が楽しいことをの投稿をしていると、

自分だけが惨めに思えてしまったり。

 

 

 

でも、それって、実は何も起こっていません。

 

 

 

自分自身が創り出した「恐れ」です。

現実を正確に把握してください。

 

 

頭の中の不安に囚われるのではなく、

目の前の現実世界を見渡してみてください。

 

 

ね?何も起こってないですよね。

 

 

 

 

でも9割の人は

 

 

自分で創り出した不安や恐怖で

夢や目標を諦めてしまいます。

 

 

 

そして失敗して、気付きます。

 

 

 

「何も失ってない」ということに。

 

 

 

友達も、会社も、お金も

自分が「持っている」と思い込んでいるだけで、

実はオプションです。

 

死ぬ時は持っていけません。

 

 

 

なので、人生は何とかなるのです。

結局何とかなってしまう。

 

 

 

 

これを読んでくれている人にも、

人生で色々な困難なことがあったかと思いますが、

今生きてますよね。

 

そして、振り返ってみると

「なんであんなことで悩んでいたんだろう」

って思いますよね。

 

 

 

僕の場合は受験に失敗して2浪したときでした。

 

 

 

今思えば「だからなに?」って感じです。笑

 

 

もう一度言いますが、人生は何とかなります。

 

 

 

 

次に、

 

 

夢や目標です。

 

 

 

夢や目標を掴むためには

「何とかする」必要があります。

 

 

自分で行動を起こす必要があります。

 

 

 

例えば、

ONE PIECEの主人公、ルフィは

海賊王を目指さなくても、

人生何とかなります。

フーシャ村でのんびり暮らすこともできます。

f:id:mansellpos:20170507122158j:plain

 

 

でも、行動しないと「海賊王」にはなれないですよね。

そもそも海賊王の定義すらふんわりしていますが、

とりあえず行動しています。

 

 

そして、段々と知名度が上がって行って、

仲間も増えている。

 

 

 

 

 

つまり、何が言いたいか?というと、

 

 

僕らはにはどこまで落ちようが

「なんとかなる」という

安定した「地面」があって、

 

だからこそ、目標に向かって行けるのです。

 

 

 

 

つまり、

失敗するんじゃないか?

自分にはできないんじゃないか?

そんなことできるのか?

 

という思いは、無駄です。

 

 

 

 

大丈夫なので、自分の人生を生きてください。

自分の人生は自分で決めることしかできません。

 

 

 

 

 

では今日はこれで。

 

 

===================

追伸:

僕が経済的に自立した具体的な方法は

メルマガ内(購読無料)で配信してます。

 

26歳の全てが"ゼロ"の僕が182日間で経済的自立を手に入れた方法をシェアしてます。

しんのすけの新時代を旅する生き方(購読無料)

(※不要であれば2秒で解除できます。)