一部上場企業を捨てたバックパッカー

世の中の常識から外れて自由になるブログ

【bsm】自由な生活を手に入れるために知っておきたい収入を確保することの現実味

どうも、フリーランスしんのすけです。

 

f:id:mansellpos:20170506102755j:plain

 

今回の記事では

「経済的自立」についてです。

 

 

「自由な生活がしたい」という思いと

「ネットビジネスは怖い」という思いは

対立する関係にあります。

 

 

なぜなら、

①場所に縛られない、

②時間に縛られない、

③どこでも仕事ができて収入を得られる

この3つの条件を揃えるのには

インターネットという道具は必要不可欠です。

 

 

また、ネットビジネスと

ネットワークビジネスマルチ商法)を混同している人が多いので

簡単に説明します。

 

※僕もネットビジネスを始める前は知りませんでした。

 

 

・ネットビジネス

 =インターネットを利用してビジネスを行なうこと。

 

ネットワークビジネス

 =連鎖販売取引。人脈を増やして収入を得る。

 

 

つまり、今の時代、地元密着型の果物屋さんでさえHPを使って

配達とかをしている場所はあり、それは『ネットビジネス』です。

 

 

 

そして、日本は資本主義です。

つまりお金がルール。

 

「何かをするにはお金を使いなさい」

というルールにも関わらず、

 

・お金のことは何も教えてくれない

・お金を稼ぐことが汚いと思われている

・お金は卑しいものだと思っている

 

 

つまり、もしあなたがお金について何も知らないのであれば

それはルールを知らされずにゲームをプレイしているようなものです。

 

 

バスケットボールで、ボールを持ったまま

敵陣に突っ込んでいっているようなモノです。

勝てるワケがありません。

 

 

今回の記事では

26歳まで人脈、能力、実績の全てが”ゼロ”だった僕が

どのようにして経済的自立ができたのかをお話します。

 

 

まず、「起業・独立は難しい」

と思っている人が大半だと思います。

 

 

僕も会社員時代はそんなこと考えられませんでした。

 

 

でも、調べていくうちに

「あれ、これもしかして出来るんじゃない?」

と思うようになっていきました。

 

 

その具体的、かつ現実的なお話をシェアします。 

 

 

まず、ビジネスに必要なものはたった3つです。

 

①商品

②お客さん

③販売数

 

 

商品(価格)×お客さん(人数)×販売数(個数)=売上げ

 

 

たったこれだけです。

 

 

①商品(何を売るか)

他人の商品or自分の商品

 

 

②お客さん(どこで集めるか)

ネットorリアル(現実)

 

 

③販売(どこで行なうか)

ネットorリアル

 

 

 

例えば、コンビニは

 

①他人の商品を

②お客さんを現実世界で集め

③現実世界で売っている

 

才能なんていらないですよね?

 

 

極端な話、中学生でも出来ます。

 

 

例えば

コカコーラから

コーラを50円で仕入れて、

お客さんに150円で売れば

100円の利益。

 

 

コーラを1日に50本、

1ヶ月に1500本売れば

 

コーラだけで1万5千円の利益です。

 

 

コンビニにはコーラ以外にも商品があるので

利益はもっと多いでしょう。

 

 

ビジネスって、

実はめちゃくちゃ単純な算数です。笑

 

 

だからむしろ、社長になる人は

頭の柔らかい中卒の人とかが多い。笑

 

 

 

僕自身も2浪の末、偏差値42の大学に入るくらい頭が悪いですが、

現在経済的に自立して自由に生活しています。

 

 

もちろん最初から簡単にいったワケではないですが。

 

 

 

知らないでけで「難しい」と思って、

自ら可能性を閉じたり、

 

「怪しい」というだけで

本当はやりたいことがあるのに

サラリーマンを続けたり。

(サラリーマンが悪いワケではないですが)

 

 

 

かなりもったいないです。

 

 

 

次にネットでビジネスを行なうことの可能性についてです。

 

H28年でネット(パソコン、スマホ)の普及率は人口の約80%です。

日本の人口が1億3千万だとして…

 

 

 

 

ちょっと電卓を持ってきます…。

 

 

 

1億4百万人…?(合ってると思います…。)

 

 

 

じゃあ、もしあなたが何かビジネスを始めて、

100人いたら、何人話を聞いてくれると思いますか?

 

 

 

仮に100人中1人しか聞いてくれないとします。

 

 

でも、1000人で10人。

 

 

1万人で100人。

 

 

10万人で1000人。

 

 

1億4百万人だったら?

(電卓…)

 

 

 

 

 

 

104万人聞いてくれます。

 

 

 

例え、もしあなたの話がつまらなくて、

1万人に1人しか聞いてくれなくても

 

 

1万400人は聞いてくれます。

 

 

 

じゃあ次は

何円の商品を作りますか?

 

 

 

500円?

 

 

 

1000円の商品を

100人買ってくれたとします。

 

 

10万円です。

 

 

あなたが話が下手で、

10000人に1人しか聞いてくれなくても

1万400人聞いてくれます。

 

 

10400人×500円=520万円です。

 

 

これ、無理な話でしょうか?

 

 

 

 

 

例えばイチロー選手は

数十億円の年俸を稼いでいますが、

行なっていることは同じです。

 

 

イチロー選手は数十億円を一気に稼いでいるわけではなく、

イチロー選手の試合を一試合見るために5000円払う人が

300人いれば、一日で150万円。

 

グッズなどを含めればもっと行くかもしれませんが。

 

 

つまり、全ての億万長者は

一気に数億円稼いでいるわけではなく、

500円を数万人にとか

1000円を数万人という

 

 

ただの算数をしているだけ

 

 

です。

 

 

他の記事で

チェンマイでは月3万円で暮らせる」

と書きましたが、

海外移住はネットを使えば誰でも出来ます。

↓↓

sinnosuke-tabi2.hatenablog.com

 

 

 

なのでまずは自分から可能性を閉じずに、

色々調べてみることをオススメします。

 

 

経済的に自立すると、

「将来の不安」は無くなります。

 

 

なぜならこの国のルールを知ることで

他人に人生を左右され無くなるからです。

 

 

では今日はこれで。

 

===================

追伸:

僕が経済的に自立した具体的な方法は

メルマガ内(購読無料)で配信してます。

 

26歳の全てが"ゼロ"の僕が182日間で経済的自立を手に入れた方法をシェアしてます。

しんのすけの新時代を旅する生き方(購読無料)

(※不要であれば2秒で解除できます。)

 

広告を非表示にする