一部上場企業を捨てたバックパッカー

世の中の常識から外れて自由になるブログ

【bms】人生を幸せに暮らすたった1つの方法

どうも、しんのすけです。

 

 

人生を自由に暮らすにあたって

重要なマインドセットは単純です。

 

 

「人に好かれたいという気持ちを手放す」というものです。

 

 

これは「人を不快にしろ」ということではなく、

 

 

「あなたはそういう考えなんだね!OK!

 私はこういう考えです!」

 

 

という感じです。

 

 

なぜなら人生に答えなんて無いんです。

 

 

ラッパーもいれば、

f:id:mansellpos:20170506184340j:plain

 

お笑い芸人もいる

f:id:mansellpos:20170506184351j:plain

 

漫画家もいる

f:id:mansellpos:20170506184405j:plain

 

 

 

つまり、答えなんてありません。

 

 

 

一人ひとりの人生、全てが答えです。

 

 

 

 

良い大学に入って

 

良い会社に入って、

 

出世することが、

 

幸せだと本気で思っている人がいますが、

 

 

 

 

今充実してなければ、

 

出世しても充実しません。

 

 

 

ラッパーは

売れたからラップが上手くなったのか?

 

 

お笑い芸人は

売れたから面白くなったのか?

 

 

漫画家は

売れたからストーリーに深みが出たのか?

 

 

 

違いますよね。

 

 

 

人目を気にせず、追求したから売れたのです。

 

 

 

ビジネスでもテクニックや方法論を探して

ずっと動けないままの人がいますが、

 

 

行動しない限り、見えて来ないものっていうのもあります。

 

 

 

なぜ動けないか?というと

失敗したくないという気持ちがあるからです。

 

 

失敗して笑われたくない。

 

 

人に嫌われたくない。

 

 

 

そういう思いでいると、

意識上の概念が「自分より他人」になります。

 

 

 

そうすると

「みんな頑張っているし…」

「みんな我慢してるし…」

「自分だけ好きなことするのは悪い…」

 

と自分の人生を放棄する考え方になってしまいます。

 

 

これは義務教育の中で教え込まれてきた

「皆と仲良くしなさい」

「皆に合わせなさい」

「皆に優しくしなさい」

という考え方です。

 

 

 

もちろんそうしたいです。

 

 

でも、それは理想であり、実現しません。

 

 

先生が職員室で、全員の先生と仲いいと思いますか?

 

 

教師の飲み会を居酒屋で見かけたことがありますが、

…でした。苦笑

 

 

だからと言って争えということではなく、

「色んな価値観を認める」ということです。

 

 

スポーツで例えると

 

野球が好きなAさんと、サッカーが好きなBさんがいたとします。

 

Aさんは「スポーツは野球しか有り得ない!」

Bさんは「サッカーがスポーツだ!」

と言います。

 

 

これは、

 

 

「サラリーマンは社畜だ!」

ノマドは不安定だ!」

とネット上でよく見かける言い争いです。

 

 

どっちでもいいんです。

 

 

あなたはどっちが良いのか?

 

 

こっちでなければダメというものはありません。

 

 

 

そして、その種類は時代と共に

減ったり増えたりします。

 

 

 

例えば最近、

e-sportsというものが流行っています。

 

早い話が

プロゲーマーです。

 

f:id:mansellpos:20170506185941j:plain

 

 

「ゲームがオリンピック種目になるかもしれない」

というニュースが取り上げられた時、

 

 

あの有名なお笑い芸人のビートたけしさんが、

 

 

「ゲームがオリンピック…?難民が問題になってるって言うのに…」

見たいなちょっとズレた酷評をしていましたが、

 

 

野球とテレビゲーム、何が違いますか?

 

 

野球も最初は子供が遊んでいて、

それに魅了された人がいて、

観客、ファンができ、イチロー選手が誕生した。

 

 

プロゲーマーも同じです。

 

 

Aさん、Bさんの他にCさんが現れただけです。

 

 

なので

それぞれが

Aさん「イイネ!でも僕は野球をします!」

Bさん「イイネ!でも僕はサッカーが好きです!」

Cさん「イイネ!じゃあ僕はゲームを頑張ります!」

 

で収まります。

 

 

「これは良い」「これは悪い」なんてものはありません。

 

 

 

ラッパーのように

お笑い芸人のように

漫画家のように

プロゲーマーのように

 

 

何かに夢中になる人の周りには人が集まります。

 

 

 

人に好かれたいという気持ちを手放して、

あなたの人生を歩き始めれば、

それに見合った環境が整います。

 

 

今あなたの周りにいる人たちが、

あなたが引き寄せた人たちです。

 

 

僕は昔、何となくで会社に入って

建築の仕事をしていました。

 

 

 

周りに集まるのは建築の関係者です。

 

 

当たり前ですよね?

 

 

僕が「建築の仕事をしています」という看板を

自分自身で掲げていたので、建築の関係者が集まります。

 

 

 

今はフリーランスなので、

自分でビジネスをしている人、ビジネスの勉強をしている人が

周りに集まっています。

 

 

人生は常に単純です。

難しくしているのは自分だったりします。

 

 

 

では今日はこれで。

 

===================

追伸:

僕が経済的に自立した具体的な方法は

メルマガ内(購読無料)で配信してます。

 

26歳の全てが"ゼロ"の僕が182日間で経済的自立を手に入れた方法をシェアしてます。

しんのすけの新時代を旅する生き方(購読無料)

(※不要であれば2秒で解除できます。)

 

 

広告を非表示にする