一部上場企業を捨てたバックパッカー

世の中の常識から外れて自由になるブログ

【国内旅行】噴火する前に一度は行ってみたい山『富士山』登山

f:id:mansellpos:20170513180032j:plain

どうも、フリーランスしんのすけです。

 

やってみたいことがある

 

でも

 

やってない。

 

 

こういうことって多いですよね。

 

 

例えば僕は会社員時代に「世界一周がしたい」

誰もが一度は思うことを思っていました。

 

 

でも、「〜したい」って自分が行動しない限り、

一生できないんですよね^^;

 

 

裏を返せば、

やりたいことは自分が行動すればほとんどできる。

 

 

例えば世界一周旅行なんて、

学生でもやっている人は多いです。

 

 

世界一周にかかる費用は安く抑えれば僅か100万円くらいで行けます。

 

 

「100万円!?僅かじゃないよ!」と思われる人もいると思いますが、

海外旅行に行くと、世界一周をしている人のほとんどは

 

 

「半年間ほぼ休み無しでバイトに入って稼ぎました」

「会社員時代に使う暇がなかったので貯まりました」

「ネットで毎月5万円程度稼いで東南アジアで暮らして、

 貯まったら違う国に行ってます」

「現地の日本人ゲストハウスでお手伝いしながら、節約して世界を回ってます」

「リモートワークで仕事してます」

「所持金0円でスタートしたけど、路上パフォーマンスで何とかなってます」

 

 

という風に色々やり方があります。

 

 

方法は色々あるんですよね。

 

 

 

話が逸れましたが、

僕の「死ぬまでに一度はやってみたいことリスト」

のNo4「富士山でご来光を見る」の体験をシェアします!

(白く消してるのは個人名が入っているためです。)

f:id:mansellpos:20170513175859j:plain

 

ノートに書き出すと、

如何に自分が行動すればすぐ叶うかが分かりますね。笑

 

 

例えば「No12.オーロラを見に行く!」

 

 

→行けば?

 

 

って感じですよね。笑

 

 

さて、富士山登山ですが、

登山前にするべきことは以下の通りです。

①道具を揃える

②山小屋を予約する

③5合目までのバスを予約する

これだけです。

 

 

順に説明していきますね。

 

 

①道具を揃える

素人が富士山を登れる時期は限られています。

たしか6月〜8月の間がベストシーズンで、

それ以外の時期は雪が積っていて死亡リスクが高まるのでやめた方がいいです。

 

 

とは言っても、僕が登った7月中旬でも

7合目では手が凍えるくらい寒かったです。

 

 

ご来光を見る場合、夜中の2時に山小屋を出発するので、

寒さ対策はマストでするべきです。

 

 

僕が持っていった装備と

持っていけば良かったと思う装備は以下の通りです。

 

『持っていったもの』

食料、備品

・水1L+500mlの水

・芯抜きのトイレットペーパー

・ウェットティッシュ

・タオル2枚

・絆創膏

・おにぎり4個

・ビール

・あめ玉

カロリーメイト

・菓子パン

・カッパ(100円)

 

服装

・レギンス

ヒートテック2枚

・厚手の靴下

・スキー用のグローブ

・パンツ2枚

・帽子

シェルパーカー

・マウンテンパーカー

・ウルトラライトダウンジャケット

・軍手

 

『持っていけば良かったもの』

・ストック

・レッグカバー

・マスク、ネックウォーマー

 

 

まずウルトラライトダウンはかなり重宝します。

海外旅行にも汎用性が効きますし、折り畳めてしかも軽い、最強ですね。

f:id:mansellpos:20170513181906j:plain

 

トイレットペーパーですが、トイレは基本的に有料(一回200円)で、

ゲートが付いていて、場所によっては係りの人がいるので、

紙が欲しくなった時に重宝します。

 

 

ウェットティッシュも

登山中は砂埃が舞うので必須です。

 

 

ちなみに登山中雨が降ってきたのですが、

僕が登っていたときは強風で

100円のカッパは使い物になりませんでした。笑

 

 

持っていけば良かったものは

・ストック

登山用の杖ですね。

下りの時に必要です。

 

これがなかったので、下る時につま先に負担がかかり、かなりキツかったです。

 

・レッグカバー

これも下りの時に重宝します。

土が靴に入り込んで来るので、

持ってなかった僕の靴の中は砂だらけでした。

f:id:mansellpos:20170513182524j:plain

 

・マスク、ネックウォーマー

風が強いと砂埃が舞っているので、

あった方が便利です。

 

 

 

 

色んなサイトで調べつつ揃えていってください。

 

 

②山小屋の予約

f:id:mansellpos:20170513182848j:plain

 

山小屋の予約は1、2ヶ月くらい前に行ないましょう。

繁忙期にはすぐに埋まってしまいます。

 

 

1泊7000円〜くらで、素泊まりです。

+で支払えば食事も付けることができます。

 

といっても、富士山へ食料を運ぶ手間もあり、

食べられるものはカレーなど簡単なものです。

 

 

山小屋ではカップラーメンなどが売っていますが、

巷よりはかなり高いです。

 

f:id:mansellpos:20170513183410j:plain

f:id:mansellpos:20170513183419j:plain

f:id:mansellpos:20170513183410j:plain

f:id:mansellpos:20170513183410j:plain

f:id:mansellpos:20170513183441j:plain

 

立地と人件費を含めると妥当ですね。

 

 

僕はたまらずカップラーメンを食べましたが、

絶景を見ながら極寒の中で食べるカップラーメンは別格でした^^

 

泊まった宿の目の前の景色です↓

f:id:mansellpos:20170513183602j:plain

山小屋での宿泊↓

フレンドリーなご老人や外国人が多かったです。^^

f:id:mansellpos:20170513183940j:plain

 

③5合目までのバスの予約

5合目まではバスで上ることができます。

そこで食料などを調達できますが、ほとんど観光客向けの値段設定なので、事前に用意しておきましょう。

f:id:mansellpos:20170513183929j:plain

 

 

僕は東京の新宿からバスで行きましたが、

往復で確か4000円でした。

 

 

 

帰りに温泉によってご飯も食べたので込み込みで2万円くらいですかね。

 

 

 

死ぬまでにやりたかっとことはたった2万円でできました^^笑

 

 

 

 

 

 僕らが登ったときは、丁度台風が去った直後で、快晴でした。

 

1日目:8時バスに搭乗▶︎12時登山開始▶︎16時7合目の山小屋に到着▶︎17時就寝

2日目:2時起床▶︎頂上で4時ご来光▶︎7時下山開始▶︎12時、5合目到着▶︎13時帰りのバス

f:id:mansellpos:20170513184418j:plain

f:id:mansellpos:20170513184528j:plain

f:id:mansellpos:20170513184549j:plain

f:id:mansellpos:20170513184610j:plain

f:id:mansellpos:20170513184627j:plain

f:id:mansellpos:20170513184643j:plain

f:id:mansellpos:20170513184713j:plain

f:id:mansellpos:20170513184724j:plain

 

 

是非一度チャレンジしてみてください^^

 

 

 

 

では今日はこれで。

 

 

===================

追伸:

僕が経済的に自立した具体的な方法は

メルマガ内(購読無料)で配信してます。

 

26歳の全てが"ゼロ"の僕が182日間で経済的自立を手に入れた方法をシェアしてます。

しんのすけの新時代を旅する生き方(購読無料)

(※不要であれば2秒で解除できます。)

 

広告を非表示にする