一部上場企業を捨てたバックパッカー

世の中の常識から外れて自由になるブログ

【bms】会社は辞めてもいい。でも後悔しない辞め方がある。

 

どうも、フリーランスしんのすけです。

 

「会社辞めたい。。。」

今の時代そう思う人は多いと思います。

 

でも、

「会社を辞めるって逃げるようでなんか情けない…」

「辞めて何するかなんて分からなくて不安」

「でも今の仕事を一生続けてるかといわれたら…」

 

と色々深く考えてしまうことがあると思います。

 

 

結論から言うと

辞めたければ辞めればいいし

続けるなら続ければいい。です。

 

 

いくら悩もうと、答えはシンプルです。

 

 

「続ける」or「辞める」

 

 

続けるを選べば今の日常が続き

辞めるを選べば日常が変わります。

 

 

難しくしてるのは自分自身です。

答えは常にシンプルです。

 

 

 

僕は会社を辞めて2年半になりましたが、

僕が後悔しなかった方法をお伝えします。

 

 

 

それは…

 

 

 

『今やってる仕事に本気で取り組む』です。

 

 

「は?嫌いだから辞めたいのに!!」

と思っている人もいると思います。

 

 

ですがもう少し聞いてください。

 

 

これは元ライブドア社長のホリエモンさんの受け売りなのですが、

ホリエモンさんって「結婚するのはリスク」といっているくらい

仕事が好きなんですね。

 

f:id:mansellpos:20170515233413j:plain

 

で、ホリエモンさんは一度捕まり、刑務所に入った経験があります。

 

 

その刑務所でやっていたのは、

「お土産屋で使う袋を折り畳む作業」

だったそうです。

 

 

でも、ホリエモンさんはそれでさえ夢中になって、

刑務所内でその能力を認められ、優遇されたそうです。

 

 

そのホリエモンさんの言葉はこうです。

 

 

 

「本気でやってみないと面白いか面白くないか分かんないじゃん。」

 

 

 

これ、ある種の真理だと思います。

 

 

 

「仕事が楽しくない」のではなく

「自分が仕事を楽しめてない」のです。

 

 

 

「仕事」=「つまらない」という固定観念のせいで、

「元々つまらないものだろう」と思っているから

つまらなくなってしまうってことですね。

 

 

僕は辞める決断をする一ヶ月前に

仕事に対して本気で取り組みました。

 

 

 

・頼まれたことに対しては120%の力でこなす。

・言われてないことまで先回りしてやる。

・自ら調べて上司に提案する。

 

 

ということをやりました。

 

 

その結果、分かったことは

「やっぱりこの仕事を一生続ける自信はない」

ということです。

 

 

 

本気で取り組んだからこそ、

それがハッキリわかったんですね。

 

 

 

で、そこにはとんでもない恩恵がありました。

 

 

 

自分の好きなことがわかったんです。

 

 

 

それは…

 

 

 

「細々した調べ物をするのが好き」です。

 

 

 

本気で取り組んだ結果、

・好きなこと

・嫌いなこと

がハッキリと分かったんです。

 

 

 

僕は人に無理矢理何かをやらせるようなことが、

つまり、「指示を出す」のが苦手でした。

 

 

 

でも「調べ物をする」は好きでした。

 

 

 

そして今現在は「知識」を武器にして経済的に自立しています。

 

 

 

まとめると

・「つまらない」と思っていれば全てのことはつまらない

・一度本気になって取り組む

・自分の「好き」と「嫌い」をハッキリさせる

・辞めるか続けるかの決断をする

 

 

では今日はこれで。

 

 

しんのすけ

 

 

===================

追伸:

僕が経済的に自立した具体的な方法は

メルマガ内(購読無料)で配信してます。

 

26歳の全てが"ゼロ"の僕が182日間で経済的自立を手に入れた方法をシェアしてます。

しんのすけの新時代を旅する生き方(購読無料)

(※不要であれば2秒で解除できます。)

 

広告を非表示にする