一部上場企業を捨てたバックパッカー

世の中の常識から外れて自由になるブログ

【bms】人生を変えていける人の思考回路

どうも、フリーランスしんのすけです。

 

 

「努力は報われる」という人と

「努力しても意味がない」という人に分かれますよね。

 

 

僕は経済的に自立して、

この言葉の意味が少しずつ分かってきました。

 

 

結論から言うと

努力するか、しないかは関係ない。ってことです。

 

 

これを聞くといい様に捉えてしまうと思うので、

もうちょっと読んで頂ければと思います。

 

 

 

まず

自分が行動しなければ人生は変わらない。

という前提を持って聞いてください。

 

 

もうこれは大前提です。

 

 

その上で、行動していくうちに

人はタイプが分かれていきます。

 

 

①「できない」で終わる人。

②「できない」→「何でだろう」→「どうすれば上達する?」と考える人。

 

 

①は、いわゆる「思考停止」です。

 

 

サラリーマン時代、僕は①でした。

「こんなのできないよ!」

「理不尽だ!ばかだ!」

「不可能だ!」

 

 

自分で考えることを放棄して、

人のせい、周りのせいにしてたんですね。

 

 

これは年齢、性別、地位、関係なく誰でもありえることです。

 

 

企業の社長さんでも、

会社が発展しないのを社員のせいにしている人もいます。

 

 

まず、その社員を採用したのは自己責任ですからね、経営者であれば^^;

 

 

 

大切にして欲しいのは②です。

 

 

「どうすれば上達できるのか?」

「どうすれば改善できるのか?」

これを考え、実行していく。

 

 

 

例えば、

「英語を喋れるようになりたい」

と思ったら、最初は誰でもできません。

 

 

喋れるようになるのは②の人ですよね。

 

 

①に人は「私は英語が苦手だから…」と言います。

それって、苦手なのでなくて、

元々必要(やりたい)と思っていないか、

本気でやっていないかのどちらかです。

 

 

例えば、

僕もそうでしたが、誰しもが最初はパソコンのキーボードで文字を打つのが苦手だったと思います。

 

赤ちゃんの時は喋られなかったと思います。

歩けなかったと思います。

 

会社やバイトに受かって働き始めても、

最初は仕事が難しかったと思います。

 

 

でも、いつか出来る様になりますよな?

 

 

 

その努力の方向性を

自分の理想や好きなことに向けたら、

もっとスピードが上がるとおもいませんか?

 

 

 

 

つまり、まとめると

・人生を変えるのは自分次第

・「できない」という思考は自分の可能性を自ら閉じてしまう。

・今できないことでも、努力すればいつか出来るようになる

・努力の方向性を間違えない

 

 

 

では今日はこれで。

 

===================

追伸:

僕が経済的に自立した具体的な方法は

メルマガ内(購読無料)で配信してます。

 

26歳の全てが"ゼロ"の僕が182日間で経済的自立を手に入れた方法をシェアしてます。

しんのすけの新時代を旅する生き方(購読無料)

(※不要であれば2秒で解除できます。)

 

広告を非表示にする